ホーム > 事業概要

事業概要

5つの専門委員会を設け、事業を推進

all_japan_post_work.png

当協会では、5つの専門委員会を設け、事業を推進してまいります。

all_japan_post_work_b01.png
all_japan_post_work_b02.png
all_japan_post_work_b03.png
all_japan_post_work_b02.png
all_japan_post_work_b02.png

安全性評価制度事業

ポスティング安全性評価制度

概要と目的

◯ 概要

ポスティング安全性評価制度(仮称)は、ポスティング事業者の配布精度や信頼性、生活者への配慮などの事業者単位での取り組みを評価し、全日本ポスティング協会が委任した安評制度委員会(仮)が審査・認定の後、その旨を示す安評制度(仮)マークを付与し、ポスティング事業活動に関して同マークの使用を認める制度です。

◯ 目的

この評価制度事業は、クライアント様などの利用者がより信頼性の高い事業者を選びやすくすると共に、生活者に対しても正当な事業者であることの判断基準になるよう、事業者全体の信頼性向上に対する意識を高めるための環境整備を図り、事業者の信頼性を客観的に評価、認定、公表することによって、ポスティング事業の社会的認知度の可視化に寄与していくことを目指します。
 

実施体制・運営

◯ 実施体制

この制度の運営は、次の委員会(又は機関)によって運営されます。

1. 安評制度(仮)マーク制度研修委員会(研修) *研修が必要かどうかは今後協議
2. 安評制度(仮)マーク制度認定委員会(審査及び認定)
3. 付与(協会又は安全性評価制度委員会)

◯ 付与

【安全性評価制度委員会】
P協会内部選出委員により、制度に係る次の事項について審議。

1.制度に係る基準・規定等の作成、改定及び要求事項の集約
2.安評制度(仮)マークの付与及びその一時停止、取消
3.制度の運用状況

◯ 審査・認定

【安評制度(仮)マーク制度認定委員会】
ポスティング事業者代表、賛助会員代表、有識者、生活者代表、法曹関係者、関係機関等で構成し、安評制度(仮)マーク制度に係る下記事項を審議

1.上述規定に基づき審査、認定
2.既に付与された事業者の一時停止、取消を安全性評価制度委員会に勧告

◯ 研修

【安評制度(仮)マーク制度研修委員会】
(又は機関) ポスティング事業者、経験者、有識者等で構成し、同マーク取得を希望する事業者に対し、以下の研修を実施

1.安評制度(仮)マークの規定・要求事項の概要
2.同重点事項
3.事業者の同制度運用に係る社内体制のアドバイス
4.その他必要と思われる事項

これらの業務は、第三者機関に委託できるものとし、安評制度(仮)マーク取得希望者からみて、高い客観性の確保と煩雑性・煩労性の減少に努めることにより、取得意欲の促進に繋げていきます。
また、複数の研修期間に委託することにより、移動交通旅費等の費用削減が可能となり、全国の取得希望社に迅速に対応出来るようになります。

◯ 生活者(クライアント)相談窓口

一般の生活者やクライアント様、行政機関等からの安評制度(仮)マーク制度に係る問合せ、苦情等を受け付けて対応するための窓口を協会全体の窓口とは別に設置。相談内容を分析して、再発防止策等を検討し同マーク制度の運営に反映します。
(設置部門が明確化してから検討)
 

付与の対象と単位

◯ 付与の対象と単位

安評制度(仮)マーク付与の対象は、国内に活動拠点を持ち、P協会の規定に反しないポスティング事業者です。そして付与の単位は、法人単位とします。また、「安評制度(仮)マーク制度における欠格事項及び判断基準」を定め、審査の基準に適用します。

◯ 配布管理責任者制度との共同運用

P協会で別に設定する「配布管理責任者制度」と連携し、安評制度(仮)マーク取得には「配布管理責任者」を1事業者あたり最低1名を擁するものとします。

◯ 有効期間

安評制度(仮)マーク付与の有効期間は、2年間とします。
ただし2年ごとの更新を行なうこととし、更新審査・手続きを課するものとします。
 

管理責任者制度事業

ポスティング管理責任者制度

概要と目的

◯ 概要

ポスティング管理責任者制度は、ポスティング業務に携わる現場及び管理担当者等が、業務内容の精度だけでなく、全日本ポスティング協会の定めるポスティング・ガイドラインに沿った法令遵守に基づき、講習審査を経て個人に付与する制度です。

◯ 目的

ポスティング管理責任者制度の目的は、ポスティング業務としての品質を向上させることにより、投棄・誤配などを未然に防ぐ努力を明確にし、クライアント様や社会の信頼性を高め、同制度認定者をポスティング事業者が擁することによって大きなアドバンテージとなることを目指します。
 

実施体制・運営

◯ 実施体制

この制度の運営は、日本ポスティング協同組合や首都圏ポスティング協同組合が取り組む制度を参考に全日本ポスティング協会管理責任者制度委員会が各種資料・テキストを作成し、受講希望者を定期的に集い、全国数か所で講習・審査します。

◯ 付与の単位及び更新

上記講習・審査を経て、管理責任者制度委員会の求める要求事項を満たした個人に、「ポスティング管理責任者」受講修了証を付与し、一定基準の有効期間を設けて、順次更新していきます。
更に次年度以降は、中級・上級等の等級を設け、受講修了者(認定者)の更なる向上に繋げていきます。
なお同制度は個人に付与されるものとし、所属が変ってもその資格は継続することが可能です。

◯ 審査・認定

【ポスティング管理責任者制度委員会】
ポスティング事業者及び経験者の中から選抜し、全日本ポスティング協会理事を含めたメンバーで構成。要求事項の制定、テキスト・資料等の作成から、受講希望者を対象に講習・審査の実施まで行ないます。

◯ 実施時期

今後約1年間を掛けて協議・準備し、一定期間の告知を経て、受講希望者を募集します。 平成29年2月までには、最初の講習を実施できることを目指します。